学校紹介

新富国際語学院 HOME > 学校紹介

学校紹介

学校長 挨拶

日本語留学を希望している皆さん、こんにちは。
新富国際語学院です。
わたしたちの学校は小さな学校で、ひとりひとりを大切にしています。
自分の国と日本との架け橋となろうとしている皆さんに、本校は日本語だけでなく、いろいろな文化体験の課外授業も提供しています。皆さんの目で見て、いろいろな体験をして、二つの文化の違いをよく感じてください。そうすることがグローバルな視点に立ってものを見るのに役に立つと信じています。
皆さんにとって外国である日本で生活すると、自分の国のいい点、悪い点が見えてきて、世界も広がります。
皆さんが日本で人として大きく成長し、国際社会に貢献できる人材になるお手伝いをすることが私たちの喜びです。
さあ、わたしたちと一緒に一歩を踏み出しましょう。
皆さんに出会える日を楽しみにしています。

学校概要

今や世界中でグローバル化が進む現状を鑑み、本校は日本語指導を通じて、将来、お互いの国の文化を良く知り、良く理解し、これからの国際社会の発展に貢献できるよう人材作りの一端を担う学校として2016年に開校しました。 
定員100名の小さな学校です。家庭的な雰囲気で、ひとりひとりを大切にしています。学生はいろいろな国から集まっており、多国籍です。
一緒に勉強することで日本のことだけでなく、諸外国のことも勉強でき、知らず知らずのうちに国際感覚も身につけることができます。
学校のある千葉市は、静かな住宅地であり、教育環境に恵まれています。
本校は日本の大学や専門学校に進学したい留学生のための日本語教育機関ですが、課外授業を多く取り入れ、日本の文化、日本人の考え方に触れる機会や情報をたくさん学生に提供しています。

授業

授業は午前・午後の二部制で、月曜日から金曜日まで週5日、1日4時間(1単位時間=45分)の授業をおこないます。

クラス人員

1クラスの定員は20名以下の少人数制です。

課外活動

日本語の授業以外に日本文化を体験する活動を取り入れています。
地方都市千葉の文化を理解するための校外学習を行います。
千葉県の文化に肌で接し、且つ学生同士の親睦を深めるために、年に一回バス旅行を実施します。

その他

学生はアジア各国から来ていて、多国籍です。
施設名 新富国際語学院
所在地 〒262-0022 千葉県千葉市花見川区南花園二丁目5番19号
TEL・FAX TEL:043-276-5828
FAX:043-276-5827
代表者 蒲谷 康登
URL www.shintomi.jp
E-mail info@shintomi.jp
最寄駅 JR新検見川駅、京成検見川駅

教育理念

「恩」「智」「信」の三つの教育理念があります。

「恩」は他人から受ける感謝しなければならない行為を意味しますが、本校の場合は様々な行為への感謝の気持ちを感じることが大切だという意味で使っています。

「智」は役に立つ知恵(技術)で日本語を意味しています。自分の人に役立つ行為としての日本語力をつけるために一生懸命勉強するという意味です。

「信」は自分の「智」を活かし、日本人に信頼される人になるという意味の「信」です。感謝の気持ちを持ちながら、人のために使える技術をもち、信頼できる人になるというキーワードが「恩」「智」「信」です。
本校は、世界中でグローバル化が進む現状に鑑み、将来、国際間の親善、発展に貢献できる人材育成の一端を担い、その基礎となる日本語教育を行います。

教職員が一体となり、日本の大学院、大学や専門学校への進学を希望する留学生のニーズにあった対応をし、「本校で勉強して良かった」と思われる学校作りを目指していきます。

教職員からの一言

Coming soon

自己点検、自己評価

Coming soon

学校沿革

0000年 0月 沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。
0000年 0月 沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。
0000年 0月 沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。
0000年 0月 沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。沿革の内容がはいります。

学校概要

千葉本校

学校名 新富国際語学院
所在地 〒262-0022 千葉県千葉市花見川区南花園二丁目5-19
TEL 043-276-5828
FAX 043-276-5827

海外事務所

所在地 ※所在地がはいります。
TEL ※TELがはいります。
FAX ※FAXがはいります。

アクセス

成田空港からのアクセス

Google Map